会社案内

ご挨拶

当社は、昭和27年4月、北陸電力と富山県内に工場を持つ電解電炉企業11社の共同出資により、北陸地方の電力不足打開策の一環として、設立されました。
その後、北陸電力の積極的な電源開発等によって電力事情が好転し、昭和29年8月に株主は現在の4社となりました。
神通川水系高原川筋の上宝村(現、高山市上宝町)地内に建設された見座・葛山両発電所は、昭和29年1月から30年1月にかけて順次運転を開始しました。
最大出力は5万500kW、年間発電電力量は約3億kWhであり、その電力は全て、出資各社へ出資比率により供給しています。
水力発電を専業とする当社は、低廉でかつ枯渇しない、環境にやさしい再生可能エネルギーの供給を通じて、出資会社はもちろん地域の発展に努めています。

会社概要

設立 昭和27年4月28日
資本金 13億5,000万円
 北陸電力株式会社 6億7,500万円(50%)
 日産化学株式会社 3億3,750万円(25%)
 昭和電工セラミックス株式会社 2億 250万円(15%)
 JFEマテリアル株式会社 1億3,500万円(10%)
発行済株式総数 270万株
株主数 4名
代表者名 代表取締役社長 松田 光司
従業員数 14名(男13名、女1名)
事業内容 自家用電力の発電
本店住所 〒930-0858 富山市牛島町15番1号(北電ビル内)

沿革

  • 昭和27年4月

    北陸電力と電解電炉関係企業11社の共同出資により設立

  • 昭和29年1月

    見座発電所運転開始

  • 昭和29年8月

    出資会社4社による新体制移行
    (一部本社業務除く管理部門業務を北陸電力へ全面委嘱)

  • 昭和29年12月

    葛山発電所運転開始

  • 昭和34年4月

    見座葛山発電事務所設置

  • 昭和48年4月

    葛山発電所無人化

  • 昭和61年6月

    北陸電力に運転業務委託

  • 平成1年8月

    本店を富山電気ビル内から百川ビル内に移転

  • 平成22年5月

    本店を百川ビル内から北電ビル内に移転

機構図(令和元年7月1日現在)

機構図